HOME  >  花・自然  >  シャクナゲ

シャクナゲ

  • シャクナゲ
  • 石楠花(しゃくなげ)はツツジ科の常緑低木。

    ヒマラヤが原産地で、山地や渓流のほとりなど、高湿度の土地に自生する花木。

    シャクナゲの開花時期
    • 秩父ミューズパーク:4月下旬~5月上旬
    • 三峰山頂付近:5月中旬
    • 十文字峠:6月上旬~下旬
    • 大陽寺:4月下旬~5月上旬

秩父市で観賞できるシャクナゲ

  • 秩父ミューズパーク
    花期
    4月下旬~5月上旬
    場所
    秩父市大字久那・小鹿野町大字長留外
    交通
    秩父駅下車徒歩40分またはタクシー、バス利用。
  • 三峰山頂付近
    花期
    5月中旬
    場所
    秩父市三峰
    交通
    西武秩父駅から三峯神社までの急行バス(75分)。
    駐車場
    リンク
    シャクナゲ(三峯神社周辺)
  • 十文字峠
    花期
    6月上旬~下旬
    場所
    秩父市大滝・十文字峠
    交通
    三峰口駅下車 バス+登山7時間
    リンク
    シャクナゲ(十文字峠)
  • 大陽寺
    花期
    4月下旬~5月上旬
    場所
    秩父市大滝・大陽寺
    交通
    三峰口駅下車「秩父湖」「中津川」行きバスで「大陽寺入口」下車徒歩2時間。
    駐車場
    リンク
    大血川大陽寺シャクナゲ園

シャクナゲ マップ

2017年のシャクナゲ(秩父ミューズパーク)

アーカイブ

2017年5月14日の様子


2017年5月9日の様子


Back to top

秩父観光なび

Menu