秩父の名酒で「海中熟成酒」を作るプロジェクトが発足しました!!

2018年7月4日

秩父といえば、そば、ホルモン、みそぽてと。そしてなんといっても地酒です。

その地酒をなんと「海中」に沈めて熟成させようというプロジェクトが秩父市みやのかわ商店街で発足しました。

題して「海と山の恋物語~秩父・下田連携プロジェクト~」です。

 

 

秩父の名酒を静岡県下田の静かで透明な海の中に沈めて熟成させ、「ここでしか飲めない、ここでしか買えない」商品づくりで地域を盛り上げようというのが目的で、クラウドファンディング形式で事業展開します。

そもそも「海中熟成酒」とはなんぞやと思う方のために簡単に説明しますと、読んで字のごとくお酒を海中に沈めて熟成させようというものなのですが、「海中」ということに意義がありまして、波の振動などによりお酒の味がまろやかになって深みが出ると言われています。また、海中熟成というところにロマンを感じませんか?うまく伝えられませんが、ワクワクしますよね。

コースは「11,000円」と「12,000円」のコースがあり、返礼として海中熟成酒と支援者限定「海中熟成酒試飲会参加権」が贈られます。特に試飲会については、今回市場に出す予定の日本酒(秩父錦)・ワインの他にも試験的に入れた秩父の焼酎・ウィスキー・ビールや日本酒・ワインの他銘柄も飲める、お酒が好きな方にはたまらないイベントとなっていますので、支援する意義は大いにあると思いますよ。

 

詳しくはクラウドファンディングサイト「FAAVO(ファーボ)」をご覧くださいませ。