HOME  >  まつり・歳時記  >  龍勢祭

龍勢祭

椋神社に御奉納~
一瞬の静寂。皆の願いが一気に高まりやがて爆音とともに龍がかけ昇る。
歓喜の声・安堵のため息。歴史は今日も繰り返す。

龍勢が上がるまで

  • 龍勢が上がるまで1
  • 打ち上げの順番がくると、1年間にわたって構想を練り、丹誠込めて作り上げた龍勢をお披露目し、櫓までかついでいきます。
  • 龍勢が上がるまで2
  • 細心の注意を払いながら高さ約20メートルの打ち上げやぐらに龍勢をセットします。
    ロープで引き上げ、導火線を付け、打ち上げ方向を定めます。
  • 龍勢が上がるまで3
  • 準備が完了すると、「東西、トーザイー、ここに掛け置く龍の次第は…これを椋神社にご奉納~。」と口上(こうじょう)を述べて披露します。
  • 龍勢が上がるまで4
  • 導火線に火がはいり、点火後ごう音とともに、一瞬に龍勢が300~500メートル上空に昇りつめます。会場からは歓声、拍手が流派に送られます。
  • 龍勢が上がるまで5
  • 上空に昇りつめた龍勢は仕掛けを披露します。

龍勢祭 マップ

Back to top

秩父観光なび

Menu